駆けること風の如し。
闇夜の中、研ぎ澄まされた五感。
見えぬ危険を察知し、越えられぬ壁はない。
忍者の驚くべき力の源は、
なんと!
毎日の大豆食であった!

忍者の秘密は大豆食



身軽でしなやかな「忍者」。実は、肉を食べず大豆や玄米を中心にした菜食生活でした。
大豆には、忍者にとって欠かせない栄養素がそろっていたのです。

①体を引き締めるタンパク質

風のように走り、塀をも乗り越える、あの驚異的な体を作るには、筋肉の元となるタンパク質が必要です。大豆はタンパク質がとても豊富です。その成分の約40%がタンパク質で、小麦の3倍、お米の10倍も含まれています。
お肉もタンパク質が豊富ですが、忍者はほとんど食べませんでした。「感覚が鈍る」「体臭がきつくなる」「穢れを避ける」といった理由があったようです。

②おなかを整える食物繊維

③病を防ぐイソフラボン

まさに忍者のソウルフード!